水質お役立ち情報

  • 2021.01.18
    水質汚染が判明した場合の対策について

    水質に異常があった場合は、飲用しないように注意し状況に応じて対策を講じましょう。

     

    【一般細菌・大腸菌】

    水質検査結果の中で、不適合の一番多いのは一般細菌、大腸菌が検出される事が多いようです。

    煮沸して生水で飲用することは避け、塩素滅菌装置を取り付けることが望ましいと思います。

     

    【色度・濁度・鉄・マンガン】

    鉄、マンガンの場合、程度によりますが除鉄用ろ過器や除マンガンろ過器を取り付けることが望ましいと思います。

    配管が古くなってサビなどが溶出してくる場合は、配管の交換などの対策が必要になるかと思います。

ご質問・ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。